宇治病院について


理事長挨拶

理事長 林顕太郎


















平成という時代も本年度で最後の年となりました。
これまでの10年で起こった変化と、これからの10年で起こるであろう変化は、全く予測が出来ないくらい違ったものになるのだろうと思います。

現在、世界中で自動車の自動運転技術が進化し、人工知能(AI)技術も実用化されてきました。
これから先、IoTが進みビッグデータが多様化され、量子コンピューターが実用化される時代となれば、産業構造のパラダイムシフトが起こることは想像に難くありません。
その中で、私たちあじろぎ会も世の中の変化、地域の変化をしっかりと捉え対応していかなくてはなりません。人と人との繋がりが希薄になりがちな昨今、

“地域のHUBとなる” 連携~絆 つなげる・つながる



を念頭に、常に地域に目を向け耳を傾けて、患者様、利用者様、そして地域における課題の解決に真摯に向き合い、取り組んで参ります。
まだまだ出来ていない事の方が多いですが、今後とも、皆様から一層のご支援を賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

平成30年10月
社会福祉法人 あじろぎ会
理事長  林 顕 太 郎