臨床検査科

臨床検査科について

臨床検査科について

臨床検査科

臨床検査科の義務

当検査科は、「検体検査部門」「生理検査部門」があり、検体検査部門では、オーダリングシステムや最新の自動分析装置を用い、患者さまをお待たせすることのないよう、検体採取後1時間以内の検査を行っております。
生理検査部門では、 心電図や肺機能検査などの他、フルデジタル汎用超音波診断装置を導入し、腹部・心臓・血管・表在臓器など多岐にわたって超音波検査を行っております。

検体検査部門

検体検査部門

臨床検査科

患者様から採取した血液や尿など、様々な検体を分析する部門で、主に次のような検査を行っております。

生化学・免疫検査 血液・凝固検査 一般検査 その他
生化学・免疫検査

生化学・免疫検査

血液や尿中の酵素やタンパク質・糖質などを測定し、内臓の状態をしらべます。
また、C型・B型肝炎などの感染症検査、甲状腺ホルモンの測定、輸血前検査等を行っています。

・生化学検査
 自動分析器を用いて、肝臓や腎臓・膵臓などの働きや病態を示す酵素やタンパク質、
 高脂血症の診断基準となる脂質検査、糖尿病の診断やコントロールに用いる血糖や
 HbA1cなどを測定しています。
・免疫検査
 肝炎ウイルス検査のHBs抗原・抗体やHCV抗体の測定、内分泌検査としてはTSH 
 やFT3・FT4などの甲状腺ホルモンの測定を行っています。
・輸血前検査
 血液型検査の他に交差適合試験を行い、血液製剤が患者様に適合しているかをしらべます。

血液凝固検査

血液凝固検査

赤血球や白血球の数、細胞の形態をしらべ、貧血や炎症、血液疾患の診断に利用します。
また、血液の固まりやすさをしらべる凝固検査を行っています。
いずれも、自動分析器を用いて測定しています。

・血球数
 血液細胞の数やヘモグロビンの量などをしらべます。赤血球数やヘモグロビンは、
 貧血や多血症などの指標となります。
・白血球分類
 白血球には幾つかの種類があり、白血球の数と分類をあわせて、感染症や白血病
 の指標となります。
・凝固検査
 血液の止血や凝固に関する検査で、抗凝固作用のある薬の効果を調べる場合や、
 手術の前などに、出血がきちんと止まるかを調べるときに検査します。

一般検査

一般検査

尿中のタンパク質や糖、潜血などの有無をしらべたり、大腸がんの検査として用いられる便潜血検査などを行っています。

・尿定性
 尿中に含まれる、蛋白や糖など10項目程度の物質を、分析器を用いて分析しています。
・尿沈渣
 尿中の血球や細胞・細菌などを、自動分析もしくは、尿を遠心分離して沈殿した部分を
 顕微鏡で観察する方法を組み合わせてしらべています。
・便潜血
 便中のヘモグロビンをしらべる検査で、陽性の場合は大腸がんや消化管出血が疑われます。

その他

その他

インフルエンザウイルス、ノロウイルス、RSウイルス、アデノウイルスなど、
数種類のウイルス検出キットによる迅速検査を行っています。


生理検査部門

生理検査部門

生理検査部門

直接、患者様の身体を調べる検査を行う部門で、患者様に安心してより良い検査を受けていただけるよう心がけております。

心電図検査 PWV-ABI検査 呼吸検査 超音波検査
心電図検査

心電図検査

心臓の電気活動を記録し、不整脈や心筋梗塞などの診断に用います。安静時12誘導心電図、運動負荷心電図(マスター)、ホルター心電図(24時間心電図)を行っています。

・安静時12誘導心電図
 ベッドに寝ていただき、左右の手首と足首および胸部6か所に電極をつけて、心臓   
 の収縮・拡張に伴う電気活動を記録します。
・運動負荷心電図(マスター)
 階段状のステップを一定のリズムで上り下りしていただき、
 運動負荷後の心電図を記録します。虚血性心疾患の診断に用います。
・ホルター心電図(24時間心電図)
 携帯型の心電計を装着していただき、24時間の心電図を記録します。
 短時間では検出できない不整脈や、症状があったときの心電図を記録することができます。

PWV ABI検査

PWV ABI検査

左右の上腕と足首の血圧比から、血管の硬さと狭窄の程度をしらべる検査です。
閉塞性動脈硬化症や、糖尿病・高血圧にともなう動脈硬化の診断に有用です。

呼吸機能検査

呼吸機能検査

肺活量などをしらべ、肺や気管支疾患の診断や治療効果の判定に用います。
また、手術前の検査としても行います。当検査科では、一般的な肺活量(肺に入る空気の量を調べる検査)と努力性肺活量(いっぱいに吸い込んだ空気を一気に最後まで吐き出した量をしらべる検査)を行っています。

超音波検査

超音波検査

超音波(人の耳では聞こえない高い周波数の音)を利用して画像診断を行います。
当検査科では、腹部・心臓・頸動脈・四肢血管・表在臓器など様々な部位の検査を行っています。検査時間は15分から30分程度です。

・腹部超音波検査
 肝臓・胆のう・膵臓・腎臓・脾臓・膀胱などの形や大きさ、炎症や腫瘍性病変・結石などの有無をしらべます。また、従来は観察困難とされていた胃や腸など消化管の診断も行っています。基本的には絶食で行う検査ですが、症状等により随時行っています。
・心臓超音波検査
 心臓の大きさや動き、弁の状態や血液の流れを観察し、全身に血液を送るポンプとして機能が正常に働いているかをしらべます。虚血性心疾患や心臓弁膜症などさまざまな心疾患の評価を行います。
・血管超音波検査
 血管領域では、頸動脈および下肢血管について血管壁の厚さやプラークの有無を観察し、動脈硬化の程度や狭窄・閉塞をしらべたり、静脈内の血栓の有無などを調べます。
・表在超音波検査
 表在臓器領域の検査としては、乳腺や甲状腺の他、筋肉の断裂や皮下腫瘤などの検査を行っています。

宇治病院へのお問い合わせ

お問い合わせ

 社会福祉法人 あじろぎ会 | 宇治病院
 電話   :0774-32-6000

社会福祉法人 あじろぎ会 | 宇治病院

0774-32-6000