放射線科

放射線科

放射線科について

放射線には、X線、γ線、α線など、様々な種類があります。主に治療・診断に用いられているものはX線です。X線は、光と同じ仲間であり、波長が短く、高いエネルギーを持っています。そのため、光なら手で遮断できますが、X線では、鉄や鉛など、密度の高い物質を使わないと遮断出来ません。
また光や電波と同じように体や空中に残る物でもありません。

放射線とは

放射線に関して

私たちは、普段の日常生活で絶えず被曝しています。それは、宇宙、大地、大気中、水や食物からであり、これらは自然放射線と呼ばれ、私たちは年間2.4mSv被曝していると言われています。X線による検査は、全身被曝ではなく部分的な被曝であり、可能な限り低い線量で検査が行われます。放射線治療などの線量の大きい場合を除き、一般に行われる検査はまず身体に影響を及ぼすものではありません。

自然放射線とは

自然放射線とは

私たちは、普段の日常生活で絶えず被曝しています。それは、宇宙、大地、大気中、水や食物からであり、これらは自然放射線と呼ばれ、私たちは年間2.4mSv被曝していると言われています。X線による検査は、全身被曝ではなく部分的な被曝であり、可能な限り低い線量で検査が行われます。放射線治療などの線量の大きい場合を除き、一般に行われる検査はまず身体に影響を及ぼすものではありません。

各項をクリックで該当ページへ

宇治病院へのお問い合わせ

放射線科について

社会福祉法人 あじろぎ会 | 宇治病院
電話:0774-32-6000

社会福祉法人 あじろぎ会 | 宇治病院

0774-32-6000(代表)